2010/03/22 (Mon) 現場主義さんをおいかけて牛久シャトーのオエノンでヘレスなど

DSCF1490.jpg
ビール現場主義さんのおすすめにしたがって、牛久シャトーさんへ。
まずは現場さんの「ちょっちょっちょ」だったヘレス。今回は「ちょっちょっちょ」ではなかったです。でもすべてにわたってひっこみぎみで持ってこられるのが多いようですよ。

DSCF1493.jpg
ピルスナー。確かに苦みがもうすこしあってもか・・・。と現場さんを引き継ぐような生意気コメント・・・。

DSCF1495.jpg
そしてヴァイツェン。

DSCF1496.jpg
そしてデュンケル。

肉汁のたくさん詰まったソーセージ(ナイフで切るとき要注意)や、量は決まってるので減らせないという特盛りパスタやトマトやポテトをいただきました。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


<<春のいろいろな光景茶だったり枝だったり空だったりもうすぐひがさす | TOP | 濱麦ラガーは横浜の瀬谷産の麦が用いられてとろっとあじ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://artbeer.blog118.fc2.com/tb.php/566-fc349eb5

| TOP |

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター