2008/11/22 (Sat) 逆光線、転形劇場そしてARICA

081121anndou.jpg


BankART Cafe LiveのARICA公演に行ってきました。タイトルはNo Exit。出口なしってやつです。

今回はバンカートミニのパブの屋上での演技。電動の水平移動機のようなものの上に乗り、女性は移動しているようだ。高いパブの屋根の上で演じられているので足元は良くわからない。BankART studio NYKの太いコンクリートの柱の間の距離(およそ5m)を測るというのが彼女の今日の行為。「彼女」、「行為」と書いたがそこが良く分からない。彼女、ARICAにはキオスクという最近の作品がある。それとつながりがあるとすると、女性は同じ販売員のような気もする。そして行為。仕事なのか義務なのか趣味という感じはしない。もっとも、仕事でもない時間を何の時間と呼んだらよいのだろうか?私たちはその言葉を知らない。仕事のようではある。距離を測る。「よっ」、とか、「はっ」とか言いながら。結構大変な作業のようだ。距離を測って天井から壁沿いに下がったマイクの先の位置を壁にしるすのが彼女の行う行為のようだ。足のサイズ、歩幅、手の幅、手の大きさ、頭の周囲。最後にかたずけて演技終了。転形劇場もいつのまにか人が集まり、ばたばたやって最後にいつの間にかいなくなる、という感じだったが、安藤さんの作品、ARICAの作品もきちんと片付けて終了するのが面白かった。

芸術 | trackback(0) | comment(0) |


<<驛の食卓でヴァイツェンとピルスナーと桃 | TOP | 横浜市有数の並木道>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://artbeer.blog118.fc2.com/tb.php/156-0127f046

| TOP |

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター