2012/07/29 (Sun) エジプトエジプト鋤田正義さんの日立サウンドブレイク

DSCF4769.jpg
にもお話しましたが、日立サウンドブレイク。70年代の後半、日立の提供、毛利元海さんのプロデュースの7分程度の音楽+映像の番組。

この2012年、8月にも東京写真美術館で展覧会が開催される鋤田正義さん撮影の映像もありました。本日はそんな昔のVHSテープを整理。

番組→録画→気に入ったのをダビング、という手順を経ているため、劣化が著しい画像と音声。加えて経年劣化で音声にずいぶんノイズが入ってしまっています。

youtubeでsoundbreakと検索すると軒並み削除されています。著作権という権利の問題らしいです。個人が結構アーカイブ的に保有しているのもあるのではないかと思うのですが・・・。少し前は深夜のFMTOKYOのspacefusionという番組を探したものです。民法のアーカイブというのはやはり難しいのでしょうか?何か情報お持ちの方は是非コメント欄からご連絡を・・・。

私の保有している、鋤田さんの作品はエジプトがテーマ。確か当時BGMに使用されていたエジプトの曲を求めて随分東京都内をさまよった記憶があります。使用曲はえーとティエルサリー、川のように・・・だったかなあ?

追記:ZY EL SHAAY(LIKE TEA) LAYLA NAZMEYでした。

今回の鋤田正義展でも映像の展示もあるのかしらん?少し楽しみな8月です。

芸術 | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/28 (Sat) 日比谷公園でビールが飲める日比谷サローでトシズIPA

DSCF4751.jpgDSCF4748.jpgDSCF4749.jpg
日比谷サローさんへ。1949年創業の日比谷公園の中にあるガーデンレストラン。昭和24年かあ・・・。

いただいたのがミスターエール『石井敏之』監修こだわりの地ビール「IPAインディア・ペールエール」とそのダーク。いろいろ種類がありますよ。
公園の中なので蚊がいたのと、スズメバチがビールを飲みに来るのには困りましたが、屋外のbeerはやはり気持ち良いですね。

横浜にはbeerを積極的に提供する公園は・・・?なかったでしょうか?

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/24 (Tue) 新橋クーパーエールズでラガー堕天使門司港地ビールペールエール

DSCF4728.jpg
クーパーエールズさん。平成24年の7月24日現在はオリンピックにちなんでイギリスフェアをやっておるそうです。この日はクーパーさんオリジナル、ハウスビール「Home Town Beer」シリーズ第2弾『富士 Mountain Lager』をまずはいただきました。ラガー。定番のぐびぐびを攻めてきます。

DSCF4730.jpg
次が堕天使。夜露死苦風のネーミングですが、もちろん店頭ではルシファー。なんか有明コロシアムで2日間で8万人動員しちゃうバンドみたいな名前です。

DSCF4733.jpg
最後は門司港地ビールペールエール。しまります。

DSCF4731.jpg
窓からの眺めもとっても素敵。

らくだ店長はじめとっても応対もあたたかです。

駱駝で思い出しましたが世田谷パブリックシアターの大駱駝艦の公演、なんと宇宙人ディージェイjeff millsが音楽担当だったとは・・・しまった。見逃しました。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/22 (Sun) 驛の食卓でピルスナーラガーヴァイツェン

DSCF4722.jpg
驛の食卓さん。横浜ビールの直営レストランです。ピルスナー。

DSCF4723.jpg
横浜ラガー。

DSCF4724.jpg
そしてヴァイツェンと定番のパターン。ヴァイツェンに少し?の声もありましたが、熟成しすぎだったのかなあ?

このテーブルクロス赤が強いのでビールの色も同じに見えてしまいますねえ。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/20 (Fri) 厚木ビールのランビックでラガーランビック紫蘇ダブル

厚木ビールさんへ。地道にしっかりやってるお店からの信頼の厚いお店です。直営レストランの名前がランビック

DSCF4717.jpg
まずはラガー。重量感のある定番的なグラスが好感度たかし。

DSCF4718.jpg
メニューにはなかったお店の名前の由来でもあるランビック。まあこれが物珍しさも手伝ったのか酸味といい旨みといいすばらしかったです。ランビックって確か瓶でベルギーの製品を飲んだだけでしたが大変おいしゅう。都会のビアバーでも十分通用する気がしました。

DSCF4719.jpg
で、ランビックもう一杯。飲みかけではなく以上で終了とのこと。次回の醸造予定は未定とのこと。

DSCF4720.jpg
もうひとつの逸品、日本のSISOというハーブを用いた作品。いつもながら海外を夢見る作品です。

DSCF4721.jpg
最後もベルギー系のダブルでおしまい。

ということで今回のお薦めはランビックのランビック。ベルギービールファンの皆さん、次回のランビックのランビックにご期待ください。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/18 (Wed) 馬車道greenでホワイトパンドラとプレストンIPA

DSCF4708.jpgDSCF4709.jpg
梅雨明けおめでとうございます。

当ブログはまだ梅雨明け前の時のもの。馬車道greenさんです。いろいろな素晴らしさに加えて、チラシやTシャツ等、デザインの領域でも秀逸なお店です。

ここで飲まんでも・・・という気もしましたが横浜ビールのホワイトパンドラ、プレストンIPAをいただきました。タップの数は4つなのですが、白系、普通系、黒系といった感じでバランスよく選択されているのとハートランドといった定番も揃えていただいているバランス感覚がよろしゅうおます。

いつかgreenさんのハウスビールなどがクーパーさんなんかのようにできますように。ぱんぱん。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/17 (Tue) アジサイの刺し木ビニール袋方式1週間経過

DSCF4710.jpg
前回ご報告した、方式を変えてのアジサイの刺し木。1週間後の7月7日です。

DSCF4714.jpg
ビニール袋の留め具を恐る恐るはずしてみると、おお、まだほとんど刺した時の状態と変わっていません。ビニール袋の内部に沢山の水滴が付き、葉の表面の水分もたくさん。内温もそれほど高温にはならなかったのか好調です。

そのほか | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/16 (Mon) アイリッシュパブgreensheepのよなよなエールがうますぎ

DSCF4701.jpg
雨模様の火曜日、アイリッシュパブ横浜グリーンシープさんに。平日、雨がち、火曜日ということで店内はすいています。カウンターへ。よなよなとキルケニーがつなぎたての模様。よなよなをいただきます。ぎっこんばっこん。ぎっこんばっこん。

DSCF4702.jpg
少し時間が経つとこんな色に。温度とお味がよろしゅうございます。

DSCF4705.jpg
約40分後、2杯目。リアルエールといいながらそんなにぬるくもない適温の冷たさが良いようです。これで満足、満足。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/15 (Sun) アジサイの刺し木の成功を夢見て用土購入

DSCF4699.jpg
どうにもうまくいかないアジサイの刺し木。7月1日にいよいよ用土を購入して再チャレンジです。
1 用土を購入
2 先端のみだけでなく途中の枝も採用
3 先端の葉っぱも切断
4 残す葉もできるだけ面積を小さく半分以下にし棒状に
5 ルートン使用
6 カッターを購入しより断面を鋭利に
7 ビニールを被せ端部を留める(水循環はするが蒸れて高温にならないかちょっと心配)
以上の改良点を加えて実施中。
2週間後の7月15日、さてどうなってるかはまた後ほど!

そのほか | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/08 (Sun) キリンシティでご馳走ビールプレゼント

DSCF4691.jpg
DSCF4692.jpg
DSCF4693.jpg
キリンシティさん。ラガーにブラウマイスター。いつものうまさ。泡の量がちょっと気になりますが。変ににがかったりしません王道のビール。これですよね。

ビアパブ・地ビール | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/07 (Sat) 川崎の季節料理よしもとさんで生いむらまたいけずぐすん

DSCF4690.jpg
川崎。ビルがガンガン建っています。それに反対する住民の立て看板、そして大事件の隠れ家。少しおちついたでしょうか?いむらさんを訪ねたところ「満員!」おーまいがー。ってことで以前気になっていたお店、よしもとさんに。
DSCF4688.jpg
生、ちびちびいただいているあいだにお客様がきます、きます、きます。普通の居酒屋さんのぎゃーすか飲む・・・という雰囲気とはちがってちょっと音量が低めの気がします。お店の内装も、改装オープン、といった感じ。川崎、いい店多いですね。

ビールを飲んだ | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/03 (Tue) 東神奈川旬彩酒房若獅子文次郎で生

DSCF4686.jpg
東神奈川のデッキから直結、駅前で配布のチラシに導かれお店へ。旬彩酒房若獅子文次郎へ。生、回ってます。ぐるぐるぐる。写真はまだお客様も少ないですが団体さんがいらっしゃりあっという間の満席。席の移動も2度ほど。日、仏、韓、国際色あふれるお客さんで大賑わいの店でした。

ビールを飲んだ | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/01 (Sun) アジサイ刺し木がうまくいかない人って日本でいますか?知恵袋

DSCF4685.jpg
DSCF4687.jpg
DSCF4697.jpg
DSCF4698.jpg
アジサイの刺し木。最も基本的な刺し木と言われている樹種なのですが、昨年は全滅。今年こそ・・・と思いましたがなかなか難しいです。webで検索するとみなさん簡単に「根が出ましたー」なんてご報告してるんですけどねぇ。日頃の行いが災いしているのか・・・うーん。しかーし、ここであきらめるおかのむぎではありません。ねちねちいきます!

うまくいかない原因を分析してみましょう。

1 昨年度は水揚げもせずに土に刺して水をやってただけ、これはうまくいかないのは当たり前。
2 今年度、本日、7月1日までの生存率は16+6=22のうち6生存27.3%
3 うまくいかない原因、第一は土では?、単純な庭土だと雑菌が多すぎるのでは?第二は葉。かなり切っているもののまだ多く蒸散量が多いのでは?特に中央部の展開していない葉もカッターで落として良いのでは?
4 以上を元に再チャレンジ。ポイントは用土を刺し木専用のものをアマゾンにて購入、葉を極力落とす、刺し木の場合葉ってのはどんな役割があるのでしょうか?蒸散量を抑えるためビニール袋で覆う、そんなところ。今回の残りに加え新たに挿し穂を現在、作成中です。

そのほか | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター